深海でオペラを。

深海で物語を奏でる日常。

簿記検定終わった~~~~~!!!

 

こんばんは。

お久しぶりです。

 

今日はね、簿記検定を受けてきました。

日商簿記検定3級。

 

高校時代が商業高校だったのに、資格らしい資格もって無いんですよね。

全商検定の3級なんて、持っていても何の証明にもならないし……

持っていないよりは全然いいんですけどね。

でもやっぱり、これでも一年は日商2級学んできましたし(ボロボロだったけど)

日商取ろうと思ったんです。

 

でも簿記全然出来なかったんだよね!!!!!!!

 

いや、3年間なんとかやり過ごしましたけど、

ワタシ、ボキ、ニガテ。

 

なのでまあ、日商簿記3級から受験することになりました。

 

 

きいて~~~~~~~~~~~~??????

あのですね。残高試算表と精算表なるものがあるんだけど、

それ一度に出してほしくないなっておもってたの。

 

出た~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!

 

嘘でしょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ってもう大草原。笑いそうになったよね。電卓叩くだけに留めた私エラい。

 

でもいいんです。

精算表ちゃあんと、合計合ったし????

残高試算表は合わなかったけどな!!!!!!!!

 

祝杯じゃ祝杯ってんで酒飲んでます。

いやあこれ合格したわ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!(鼻ほじ)

って思ってます。うそ。思いたい。

 

結果は12月頭。

タノシミダナア……(遠い目)

やっぱ完結すると清々しいよね!

 

やっほい、瀬戸文乃です!

ついさっき嬉しいことがあったんですよ~~~~~~

 

そう、脱稿。

 

今度、仙台短編文学賞に応募したくて書いてた小説。

無事に書き上げました!!はい、拍手!!

 

まだ校正とか読み直しとかしてないんですけどね。

それはこれからです。

今は完結させた喜びに浸らせてくれや……

 

まあ、言うて途中から校正したり読み直したりっていうのをしてたんで。

現実逃避に。

完成した最後の方だけ、まだ校閲してない感じです。

でも大体は大丈夫なはず。そう信じたい。

 

今、フォロワーさん二人に頼んでレビューを貰ってるところです。

見て~~~~~~~~~~~!っていう感想がほしいんじゃなくて、

ちくちくとした正直な客観的視点がほしいからね。

自分ではくすっと笑えるポイントも、他人からしたらダダ滑りの時あるからね。

うわ、想像しただけで震えるわ。こわっ。

 

一応親にも頼むつもりではあるけど。

一番近い読者は親族だからね。

 

こういう時ちょっと複雑~~~~~~~~~~!!!!!!

ちょっとね!!!!色々思う所あるからね!!!!!最近特に!!!!!

 

でも、とりあえず今は

 

お疲れ様自分!!!!!!

 

ってことで好きなことします。

明日はお仕事して、その後簿記やで。

 

弦楽器が欲しい~~~~~!!!

どうもごきげんよう、瀬戸文乃です。

きょうはいつもよりビチビチ跳ねます。跳ねるったら跳ねるんだぞ!

タイトルにもある通り楽器がほしいです。

そこ、さかなだから演奏する手が無いとか言わないの。

こう、生えるから。にょきっと。

そう、にょきっと生やすから。

 

なんの楽器がほしいかというとアコースティックギターとバイオリンです。

弦楽器が欲しい。

なんで弦楽器かというと、管楽器はもういいかなって思ったからです。

中学の時に吹奏楽部でさんざん吹いたので。

 

まあそれでも飽き足らずに,、

高音楽器吹けないのにアルトサックス買っちゃったバカがここにいるんですけど。

買ったら吹けるようになると思ったんだ。吹けなかったけど。

私はチューバ担当になるくらい、低音中の低音ベース担当だったんだ。無理だった。

 

サックスにアコースティックギターにバイオリン。

私は1人でジャズでもするのか? って感じですね。

しないけど。

まず人が足りない。

あと人脈がない。

 

なんでアコギとバイオリンが欲しいか書いていきますね。

 

アコギってなんかかっこいいじゃん?

 

アコースティックギターを弾いてるアーティストが好きなんですよね。

カッコイイ。

だから自分もなりたい。演奏したい。

ただそれだけですね。

 

あと、エレキギターでスラップかき鳴らすのもいいんですけど、

アコギはアコギで魅力的に見えるじゃないですか。

 

それに私はamazarashiが好きなんですよね。

彼もアコースティックギター使っているので真似したいと言うか。

やっぱり推しに近づきたいじゃん? 

なりたいじゃん? 

じゃんじゃんじゃーん??

 

バイオリンってCoolだよね!

 

バイオリンね、実は弾いたことあるんですよ。

中学の音楽の時間に。

音楽の先生(吹奏楽の顧問)が私物で30個バイオリンを持ってて、

それを学校に持ち込んで教えてたんです。

自分が好きだから生徒に教えたいと思って買ったんですって。太っ腹じゃない?

 

その時すごく楽しかったんですよね。

それに弾いてる自分かっこよかった。(中二病)それに尽きる。

 

まあそれだけじゃなくて、シャーロック・ホームズいるじゃないですか。

彼のこと好きなんですよ。LIKEの意味で。

シャーロックも趣味でバイオリンを弾きます。

彼は弾いている間は精神の世界にどっぷり沈み込むので周りの声が聞こえません。

それぐらい集中する、と思ってもらっていいです。その姿に憧れた。

 

 

 

理由としてはこんな感じです。

どちらも、「好きな推しに近づきたい。なりたいから」という理由です。

不純かも知れないけどはじめるきっかけってそういうことでいいとおもうんですよね。

 

サックスもジャズにハマってたからって理由で買ったんですよね。

お財布の紐がゆるいゆるい。

いつかちゃんと演奏できるようになりたいなあ。

 

 

noteを停止している。ちょっと見つめ直したいからだ

 

こんにちは。瀬戸文乃です。

 

久々に書くね。仕方がない。どうにも忙しいのだ。

 

ある時からぱったりとnoteをかくのが止まってしまった。

理由はある。

 

書きたいことがあるから書いているのではなく、

更新するために書いていたからだ。

 

そう思うと、ネタはひねり出せるのだが、どうにも苦しくて仕方がなかった。

 

手段と目的が逆転しているんじゃないかと悶々と考えてしまったら書けなくなった。

そもそもnoteは定期的に更新する練習のために始めたようなものではあったが。

 

それでもなにかしら伝えたいことというのは捻出してた。

だから伝えたいこととか所感があって書いていたというのに、

どうも更新しなければいけないから書く、とシフトチェンジしていたのだ。

 

ああ、そうである。

また「しなければいけない」という思考に陥っていた。

それでは駄目なのだ。

「しなければいけない」は脅迫してくるようでは駄目なのだ。

 

「しなければ」ならない物事は当然出来てくるが、

「いけないんだ」と脅迫されることは出来る限り避けなければならない。

それが仕事ではなく、ただの趣味ならなおさら。

 

だから一度立ち止まってしまったのである。

 

クラウドワークスとかいろいろ始めてみたりしてはいるけど、

どうにも型にはまらず難しい。

なれてないからだろうけど

 

そういうわけで一度距離をおいている。

けしてやめるわけではない。

 

サイトも立ち上げてみたからそっちの更新もしたい。

 

 

まずは、自分のペースで。

 

それから動き出す。

 

 

 

 

仙台たーーのしーー!①

 

ご機嫌いかがですか? 瀬戸文乃です。

今日はちょっと疲れたので控えめに跳ねます。びちびち。

なんで疲れてるかというと、先日仙台に遊びに行ったからです。

単なる遊び疲れです。

 

いやあ駅前周辺アーケード街周辺だけで1日が終わりましたね。

予定ではもっと歩き回る予定だったんですけども。カフェが居心地良すぎた。

そもそも、今回はヘアカットとカフェ巡りを目的に遊びに行きました。

オシャレしてからカフェ巡り。良いでしょ? 

 

遊びついでに、今度応募したいと考えている仙台短編文学賞があるんですけど、

その執筆のための取材も兼ねてました。

一応。

途中で忘れてたとかは内緒だぞ。 

 

画像1

画像はイメージです。僕じゃないよ。

 
優しい手付きのお兄さんにカットしてもらった

カフェ行くならね、どうせならオシャレしたいじゃん? 

好きなことをするためにオシャレしたいからね。

 

美容室でカットとセットをお願いしました。

セミロングだったのをショートにずばーん。

お気に入りの、sakiyamaさんが描いたショートカットの女性のイラストを持っていって「こんな感じってできますかね?」としてきました。

出来たよ、やったね。

 

担当してくれたのは20代のTさん。

手付きがね、すごく優しいの。

思わずそのことを伝えるとお兄さんってば照れてたけど。かわいかった。

本人曰く「たまごを撫でるように触れるようにしてるんです」だって。やさしい……

 

髪を洗い流して、カット、シャンプーとトリートメントして微調整の後にヘアセット。

これが工程。

 

髪を軽く洗い流したら、カットの時に理想の髪型はあるか、普段どんなヘアケアをしているか、ヘアセットになにか使っているか、などカウンセリング。そうしてある程度の方向性を決めていきます。

 

 

私ね驚いたの。人生で初めておかゆい所はありませんか」って聞かれたの。

はえ~~~!現実でもやっぱり言うんだ~~~!!!って内心感動してた。

ずっと架空のものだと思っていたからとても新鮮でした。

そもそも、カットするだけのところにしかこれまで行ったことがなかったので髪を洗ったりトリートメントしたりするの新鮮だったんですよね。

いい体験をした。

 

あと、美容師さんの話になったんですけど、

美容師さんはショートが好きなんですって。

 

美容師さんによって個性が一番発揮しやすいのがショートなんだそう。たしかにな~~!と感心しながらお話しましたよ。まあそんなこんなで素敵にセットしてもらいました。

 

いやあ居心地が良かった。虚言回しの遊びなんてしなければよかった……くそぅ……

 

 

【140字小説】「弟」

 

私には弟がいる。

 

ツンツンとした髪。

ふっくらとした顔。

大きな空色の眼。

 

今日も何かを見つけたようで小さな手足を動かし遠くに駆け出していく。

 

その目に映るのは、

 

その大きな瞳に負けないくらい大きく、

 

透き通ったガラス玉。

 

 

手元で転がし遊ぶだろう。

 

 

私は弟を迎えに、たちあがるのだった。

1014の朝活動

 

おはよう。瀬戸文乃です。

今日はね、ややすっきりって感じです。

少し眠気が残ってる。目がしょぼしょぼする。

 

 

1014の睡眠記録

 

 

眠りは浅いけれど、眠れているのは本当に幸福。

いや、これは当たり前のことなんですけどね。

いままでその当たり前が出来ていなかったから嬉しいんですよ。

安心してる。

「普通」の生活ってやつを出来ているんだなって。

 

マジョリティを良くは思ってないんですけど、やっぱりね。

大多数の中にいるってやっぱり安心するんですよ。

自分も世間と同じだって。

 

これが1週間、次は2週間、3週間ときて1ヶ月それが続けばいいんだけど。

 

 

写真素材のピクスタ